FC2ブログ
 神々の黄昏的な日記です。
プロフィール

グリーン

Author:グリーン
島根県生まれ
幼少の頃にイタリアの
ジェノバで育ち
現在は大阪市在住の
デザイナー

血液型:A型

座右の銘:
チャンスは最大限に生かす。
それが私の主義だ!

尊敬する人:魚紳さん

好きな食べ物:カレーライス

趣味:
テニス&ニオイガメ
ツーリング(FZR250R)

宮本武蔵のように勝ち
戦にしか挑まないタイプです。

こんなオレへの
ファンレターはこちら!
greenblue119@yahoo.co.jp


カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


月別アーカイブ


▲pagetop

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

グリーン新党 竹島の日2 akaru1

QRコード

QRコード

リンク


▲pagetop

ドラえもんのび太の天国の階段 第5話


 本日の格言
「短く笑って、長く泣く。それが恋の習いだ。」
 byガイベル


ど~も~、
グリーンと大地の恵みで~す。
本日の日記ですが。

人類の進化論と天動説について研究しています。
人間が猿から進化したのと
地球は大きなお盆の上に乗ってるんじゃなかった事に
驚きを隠せません。(笑)


「ドラえもんのび太の天国の階段(ヘブンズドアー)」

第5章 友達

「今夜が山場ですね。手術を行わなければ、命が危ないです。」

先生がママに言った。
ママはその場に崩れ倒れた。

その時である。バタンッ!

ドアが勢い良く開くとともにドラえもんが、病室に飛び込んできた。

「のび太くん!」

「ドラえもん。こんな時にどこ行ってたんだよ!」
「ごめん。のび太くんの手術費を作る為に、ポケットの中身を全部売ってきたんだ。」

「え?本当か?これでのび太は手術できるのか?」
「ママ。。。このお金でのび太くんを助けてあげようよ。」
「ドラちゃん・・・・・ありがとう・・・」
「先生。おねがいします。」迷ってる時間はない。パパは先生に手術をお願いした。
「よし。緊急手術を行う。大至急手術室へ運んで!」

病院内に緊迫した空気が一気に張りつめた。
手術室は1階のB棟だ。みんなも、意識のないのび太をのせたベットの後を追った。

「全力をつくします。」
ドアが閉められると、 手術中のランプが点灯した。

それから3時間位たっただろうか。。。
ママとパパは親戚に連絡をとり、近い所に住む親戚は、もうすでに駆けつけていた。

「うおぉぉぉぉぉ。」

みんなが驚いた。ジァイアンが突如大声を張り上げたのだ。
近くの看護婦が大声の元を探して、こっちへ来た。

「ここは病院ですよ。他の患者さんも居るんですから、大声ださないで下さい。」

「うおぉぉぉぉぉ。」

「静かにしてください。」
「のび太ががんばってるっていうのに、
 何もしてやらないのが友達って言えるかっっっっ!」
「のび太は俺様の友達だっ!いじめる事もあるが大事な大事な友達なんだっ!」

「フレ~!フレ~!の・び・太~!フレッフレッのび太!フレッフレッのび太~!」

看護婦はジァイアンの迫力に驚いた。そしてみんなもジャイアンの後に続いた。

「がんばれ~のび太~!」
「のび太さん~。絶対に負けないで~!」
「がんばれがんばれ のっびっ太!」
「のび太く~ん。ファイト~!」
「野比~負けるんじぁないぞ~!」

みんなの声援は館内中に響きわたった。
看護婦はみんなののび太を思う気持ちに心を打たれたのか、
それ以来無理にやめさせようとはしなかった。


※写真で一言。
「誰が、カーンやねん!」

39e99b0e.jpg


スポンサーサイト






2006⁄07⁄08 23:46 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 グリーンOfficialBlog「ぐりろぐ」. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder